箱根で日帰り温泉を楽しむには?

首都圏から、箱根で日帰り温泉を楽しむには、どうすればいいのでしょうか。
まず箱根へのアクセスですが、車、JR、小田急の3つありますよね。このうち、どの交通手段がいいのでしょうか。

一番、お勧め「できない」のが車です。特に首都高を入る場合は、渋滞で、ものすごい時間がかかります。また、休日は、箱根湯本周辺、宮ノ下あたりで、渋滞していることもあって、移動だけで1日が終わることもあります。宿泊なら、まだいいのですが、日帰りとなると、最悪、時間がなくて温泉に入れないということも起こりかねないです。

というわけで、箱根へのアクセスは、電車がいいと思います。
では、JRと小田急のどちらがいいのか?
価格から考えれば、小田急の「ロマンスカー」ではないでしょうか。ロマンスカーは、全席指定なので、旅行気分を浸れる上に、価格も安いので、人気があるようです。

しかし、実は、もっと安く済ませる方法があるのを、ご存じですか?
実は、1円でもお金を節約したいなら、小田急の「急行」がお勧めです。
特急のロマンスカーと、急行の時間差は、わずか20分くらい。しかも、料金は1000円くらい違います。

問題は、急行だと、座れるかどうかですが、行きは、時間によっては微妙なときがあるものの、新宿から乗るとほぼ確実に座れます。
帰りは、小田原からだと、ほぼ確実に座れます。旅行気分は浸れないですが、値段を考えると一番お勧めです。
というわけで、肝心の日帰り温泉を楽しむ方法です。

箱根で日帰り温泉にお勧めの場所

やはり、日帰り温泉とはいえ、ゆっくりしたいと思います。折角の休日に、温泉のために早起きして、遅くに帰ると、休日明けの仕事に響いてしまいますよね。
そこでから、、首都圏できるだけ近い日帰り温泉がいいと思います。
というわけで、お勧めなのは、アクセスのいい「箱根湯本駅」周辺の「箱根湯本温泉」です。
箱根湯本温泉には、日帰りの温泉施設がありますし、箱根湯本駅周辺は、お土産屋さんが多いので、旅行気分に浸れます。

でも、箱根湯本ばかり行っていると飽きると思います。
そこで、次に、お勧めなのが、箱根登山鉄道沿線の温泉地です。具体的には、以下のように、箱根登山鉄道の沿線には、温泉地があるので、箱根湯本に飽きれば、以下の温泉地もいいと思いますよ。

<箱根登山鉄道の沿線>
箱根強羅温泉
小涌谷温泉
宮ノ下温泉
箱根底倉温泉
大平台温泉
塔ノ沢温泉
箱根湯本温泉

ちなみに、日帰り温泉を受け入れているホテル・旅館かどうかは電話するのが一番、手っとり早いです。上記のページで紹介している宿泊予約サイトで、行きたい温泉地にあるホテルや旅館を調べて、そこに電話して、日帰りできるかどうか聞くわけですね。

(レポート:hide)

箱根で温泉を楽しむ方法
格安宿
箱根・伊豆が大好き!のトップページ